RMN drama "Yakusoku ~ Promise ~" Documentary handumanan sa usa ka awit Music by iwapt

0
12

Facebook Link –
Yahoo! Japan News 15.March, 2016

2016年2月29日からセブ島のAMラジオ局DYHP(612KHz)で放送されている、日本女性とフィリピン人男性の恋愛ドラマ「Yakusoku」がフィリピンのヴィザヤ諸島で話題となっている。放送は月~土曜、14時30分から15時。

「日本とフィリピンとの良い関係を紹介できるようなユニークな物語を、ずっとやりたかった」と脚本家のジェネリカさんは語る。製作期間は、ラジオドラマとしては異例の2年間の大作。セリフでは多くの日本語が使用されている。

そしてこのドラマの主題歌「Dr. Clinic (Unplugged Version)」やバックグランドミュージックを提供したのが日本人自主制作ミュージシャンのiwapt(イワプト)。AMラジオ局DYHP(612KHz)は、フィリピンのヴィザヤ諸島のAM放送局で一番聴取率が高く、圧倒的な人気を誇っている。フィリピンの田舎では、電気を契約していない世帯も多く、ラジオファンが多く根強い。

iwaptの楽曲Dr. Clinic (Unplugged Version)が主題歌に採用された経緯は、約1年前の2015年4月1日に、iwaptから送られてきたデモテープをDYHPの番組マネージャー、ブエン・アルゴノ氏が聞き、ヴィザヤ諸島で爆発的な人気を誇る1日ドラマ「ハンドマナン・サ・ウサ・カ・アウィトゥ(handumanan sa usa ka awit)」で使用されたことがきっかけ。その時からブエン・アルゴノ氏はiwaptの曲をいつか長編ドラマでも使用したいと思い、今回の日本人女性とフィリピン人男性の恋愛ドラマ「Yakusoku」で採用した。

最近フィリピンのラジオ局では、OPM(フィリピンミュージック)、洋楽、K-POPが主流。「フィリピンのラジオドラマで日本人の歌がテーマソングになったのは初めてではないか」と番組マネージャーのブエン・アルゴノ氏は言う。

iwaptは「2年前にラジオ局に送ったデモテープが、ラジオドラマの主題歌に採用されて本当に嬉しいです。自分の制作した曲が一時的な流行で聞かれる楽曲では無く、人々の心に残るような楽曲を作成出来たのだと思う」と感激した。

Aldin Verula
Ingrid Vertudazo Jennyrica Vidad Aldin Buen Algono
Theme song iwapt Dr. Clinic (Unplugged Version)
Movie Feat Goliat Teban DYHP
Handumanan sa Usa ka Awit Radio drama over 612 khz, dyHP – RMN Cebu THE MEMORY OF A SONG  
RMN Drama – Yakusoku ~ Promise ~
Buen Algono
GOLIAT & TEBAN JOKES rmn drama handumanan sa usa ka awit
Magpaliwat Ka? what’s the style artist drama live
iloilo news today live production center kung ako ang pasultihon

source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here